子供の口臭対策いじめの標的にされないために

子供は残虐です。周りと違う人間がいればターゲットにされ、いじめの標的にされます。

いくら先生や親がどうにかしても閉鎖的なコミュニケーションの中ではどうしても解決できません。

小さい頃のいじめはトラウマを植え付けることとなり将来的にPTSDになる可能性もあります。

子供の口臭の原因

子供の口臭の原因は様々あります。まずは歯科医師に診てもらいマメな定期検診や歯磨きの指導を行ってもらいましょう。

歯磨きをしていない

これは大問題親の責任といっていいでしょう。親のフリみて子供は成長します。親がちゃんと歯磨きをしているシーンをしっかりと見せてあげるように、一緒に磨くのもよいでしょう。

磨きのこしがある

特に歯の裏や奥歯など歯垢がたまりやすい場所の磨きのこしがある場合があります。歯ブラシのサイズが悪いという原因もあり、ヘッドが小さいタイプがおすすめです。

歯間ケアをしていない

歯と歯の間の歯垢はちゃんと取ってしますか?歯周病の原因にもなり、強い口臭の原因にもなります。

子供にデンタルフロスは厳しいですから糸ようじでマメな歯間ケアを行うように指導してあげましょう。

蓄膿症

膿がたまり口臭として発します。

鼻がつまって息苦しい 鼻の粘膜の腫れが続くと、ひどい鼻づまりになり、口呼吸をするようになります。
ドロっとした黄色い鼻水が出る 粘度のある黄色~黄緑色の鼻水が特徴。 …
鼻や口からイヤなニオイがする 膿によるニオイと、鼻づまりによって口呼吸になることが原因で口臭を感じることがあります。
頭痛・頭重感がある

蓄膿ちくのう症について

口呼吸している

クセによって口で呼吸をするようになると口内が乾燥しやすく、口臭が発しやすくなります。

口呼吸防止テープやマウスピースなどで鼻呼吸へ改善してあげましょう。

唾液自体が少ない

あまり水分を摂らない、特に冬時期は水分量の摂取が低下と乾燥によって口内が乾きやすくなります。マメな水分補給をこころがけましょう。

口内環境が悪い

免疫力が低下していると口内環境が悪くなります。一つの指標として舌苔が多くついているかどうか。口内環境をケアするためにも口臭サプリを摂取するのがよいでしょう。

>>口臭サプリ効果体内

口臭サプリは免疫力を向上させ、口内環境を改善へと導いてくれます。

消化不良

ジャンクフードやお菓子、清涼飲料水ばかり摂取していると消化不良を起こし口臭として発しやすくなります。腹八分目、お菓子は控えめ、飲み物は無糖にするというしつけは必要でしょう。

便秘

便秘の毒素が血液に乗り吸気として排出されます。お子さんの便が3日に1度であれば要注意。

マグネシウム製剤や食物繊維の多い食事、乳酸菌のマメな摂取を行うように。

まとめ

まずは医師に診てもらう、そして日頃のケアをしっかり、それでもケアできない場合は口臭サプリを利用するようにすれば子供の口臭は改善します。

臭いだけでもいじめになる可能性はあります。残酷ですがそれが現実。

将来明るい未来を潰さないためにも親の努力は必要です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です