子供の口臭対策いじめの標的にされないために

子供は残虐です。周りと違う人間がいればターゲットにされ、いじめの標的にされます。

いくら先生や親がどうにかしても閉鎖的なコミュニケーションの中ではどうしても解決できません。

小さい頃のいじめはトラウマを植え付けることとなり将来的にPTSDになる可能性もあります。

子供の口臭の原因

子供の口臭の原因は様々あります。まずは歯科医師に診てもらいマメな定期検診や歯磨きの指導を行ってもらいましょう。

歯磨きをしていない

これは大問題親の責任といっていいでしょう。親のフリみて子供は成長します。親がちゃんと歯磨きをしているシーンをしっかりと見せてあげるように、一緒に磨くのもよいでしょう。

磨きのこしがある

特に歯の裏や奥歯など歯垢がたまりやすい場所の磨きのこしがある場合があります。歯ブラシのサイズが悪いという原因もあり、ヘッドが小さいタイプがおすすめです。

歯間ケアをしていない

歯と歯の間の歯垢はちゃんと取ってしますか?歯周病の原因にもなり、強い口臭の原因にもなります。

子供にデンタルフロスは厳しいですから糸ようじでマメな歯間ケアを行うように指導してあげましょう。

蓄膿症

膿がたまり口臭として発します。

鼻がつまって息苦しい 鼻の粘膜の腫れが続くと、ひどい鼻づまりになり、口呼吸をするようになります。
ドロっとした黄色い鼻水が出る 粘度のある黄色~黄緑色の鼻水が特徴。 …
鼻や口からイヤなニオイがする 膿によるニオイと、鼻づまりによって口呼吸になることが原因で口臭を感じることがあります。
頭痛・頭重感がある

蓄膿ちくのう症について

口呼吸している

クセによって口で呼吸をするようになると口内が乾燥しやすく、口臭が発しやすくなります。

口呼吸防止テープやマウスピースなどで鼻呼吸へ改善してあげましょう。

唾液自体が少ない

あまり水分を摂らない、特に冬時期は水分量の摂取が低下と乾燥によって口内が乾きやすくなります。マメな水分補給をこころがけましょう。

口内環境が悪い

免疫力が低下していると口内環境が悪くなります。一つの指標として舌苔が多くついているかどうか。口内環境をケアするためにも口臭サプリを摂取するのがよいでしょう。

>>口臭サプリ効果体内

口臭サプリは免疫力を向上させ、口内環境を改善へと導いてくれます。

消化不良

ジャンクフードやお菓子、清涼飲料水ばかり摂取していると消化不良を起こし口臭として発しやすくなります。腹八分目、お菓子は控えめ、飲み物は無糖にするというしつけは必要でしょう。

便秘

便秘の毒素が血液に乗り吸気として排出されます。お子さんの便が3日に1度であれば要注意。

マグネシウム製剤や食物繊維の多い食事、乳酸菌のマメな摂取を行うように。

まとめ

まずは医師に診てもらう、そして日頃のケアをしっかり、それでもケアできない場合は口臭サプリを利用するようにすれば子供の口臭は改善します。

臭いだけでもいじめになる可能性はあります。残酷ですがそれが現実。

将来明るい未来を潰さないためにも親の努力は必要です。

 

母乳育児の乳首の痛みの悩みどうやって乗り越えたの?

母乳育児で辛いことは、母乳が出ないこと

母乳が出すぎて辛いこと以外に

乳首が痛い

これがあります。

 

あまりの激痛に涙を流しながら授乳をしたというママさんもすくなくありません。

こんな痛いならミルクの方がいいのでは…と考えるくらいの激痛。

それだけ赤ちゃんの吸引力は予想以上に強いんですね。

また、ある程度育つと歯によって乳首が傷つくことも。

そんな二人のママさんの乳首トラブルについて紹介します。

 

一人目の母乳育児は乳首が痛い

1人目を産んで初めての母乳育児は悩みも多く大変でした。

うちの子は食欲旺盛といった感じで産まれて間もない頃からおっぱいをあげる時も勢い良く飲んでくれる子でした。

しかし初めての母乳育児で私の方は全然要領が掴めず、おまけに最初の頃はそんなに量も沢山でません。それでも勢いよく吸われる事で乳首が傷ついてしまいとにかく授乳が痛い。

産まれてから数日は、これがいつまで続くんだろうと不安になりました。

そんな中、産院でくれたのが赤ちゃんが舐めても安心、という乳首ケア用のクリームでした。
授乳の時以外はそれを塗ってラップを貼って保護していたのですが、次第に痛みもなくなり授乳のストレスが解消しました。

私は「カネソン ランシノー」という無添加、無香料の物を使っていました。こちらは出産前から使用する事でより効果的に乳頭のトラブルが防げるという事ですのでぜひ試してみて下さい。

母乳は赤ちゃんとママの大切なコミュニケーションの1つですから、ママにとってもストレスなく穏やかな気持ちで母乳育児ができるといいと思います。

 

噛み癖のある子に母乳育児は四苦八苦

第二子はおっぱいを飲む時に「噛み癖」がありました。特に1歳をすぎて立派な歯がたくさん生えてきてからはひどくなり、うずくまって声も出ないほど強く噛まれることもありました。痛くて声をあげたりすると、ニヤっと笑って余計に噛むようになるので、とてもやっかいで、黙って声を出さないように静かに耐えたり、あえて低い怖い声を出して目を合わせて注意してみたり。

あまりにもしつこい時は鼻をつまんで無理やり離させたりと、いつも噛まれないようにあの手この手をやってみては試行錯誤していました。

子どももある程度大きくなってくるとわかっていてわざとやっているところもあるので、なかなかやめてはくれずかなり悩みました。

もう断乳してしまおうかとも何度も考えましたが、せっかく今だけの授乳期間だから本人が欲しいだけあげたいという想いが強かったのでなんとか続けていました。

年齢があがってくると、聞き分けも出てきてそのうちやらなくなるのですが、噛み癖の時期は半年くらいにわたったので辛かったです。

母乳が出ない人と出過ぎる人の苦労の差

こちらでは二人のママの相対的な苦労について紹介します。

1人は母乳が出ないで苦労された方

1人は母乳が出すぎて苦労された方

どちらも共に大変なのがよくわかります。

 

これから出産され、育児をされるときどちらに転ぶかはわかりません。

しかしどちらにしても解決の道はあります。

ぜひ参考にしてみてください。

 

母乳育児の気が楽になった瞬間

産後1カ月は実家に里帰りしていたので、育児に専念できていましたが、
自宅に帰ってからは不眠不休な上に、家事をこなさないといけないため、
母乳の出が悪くなりました。でも、子供はどんどん飲む量が増えてきていたので、
1時間おきとかに授乳をしていたので、悪循環にはまっていたのですが、
「母乳育児」を推奨されていた時代でもあり、何とかしなきゃと一人で悩んでいたため、
余計に出が悪くなっていました。

その後、産院で「体重が増えていないから、ミルクを足しては?」とアドバイスされましたが、
「やっぱり母乳が良い」と言うと、

「ママが疲れてしまっていては、母乳が出ないのは当たり前。
ミルクを足せば、赤ちゃんの体重も増えるし、寝る時間も長くなるから。
ママの母乳を増やすために、一時的にミルクを足してみては?」

と優しく慰めてくれたために、
すっと肩の力が抜けて、ミルクを夜だけ足すようになり、少し睡眠がとれるようになって、母乳も自然に増えていきました。

また、効果のあった母乳が増えた飲み物を飲むようにしたのも影響したのかもしれません。

「母乳育児」にこだわることなく、自分の気持ちが楽になるために、もっと早くミルクとの混合をしていればと思っています。

 

一人目はとにかく胸が痛い母乳が出すぎる地獄だった

まず出産後にあんなに胸が張って痛むものだとは、子どもを産むまで知りませんでした。

とにかく身動きするのも痛くて寝返りもできず、ひたすら冷やしていました。

それからも私は左の胸だけ張ってしまうタイプで、常にパンパン状態でした。

 

そのためきちんと飲んでもらわないと辛いため、赤ちゃんを預けてお出かけということはできませんでした。

どうしても出かけなければならなかった時は搾乳機を持っていき、トイレでひたすら搾乳していました。

赤ちゃんにあげるときも左はシャワーのように吹き出すので少し搾乳してからあげるのがとても手間でした。

母乳パッドだけでは足りずにタオルを胸に当ててたくらいですが、すぐにタオルも服もビシャビシャになってしまいました。

それ以外にも乳首が切れたりと、とにかく痛いことの連続でした。

しかし子どもが成長して1歳近くなるとだんだん授乳感覚もあいてきたため、胸の張りも落ち着いてきました。

しかし最後の試練、断乳の時がやってきました。

地獄だとは聞いてましたが、本当に地獄でした。

一週間、胸は張りまくってパンパン、子どもはおっぱいほしくて泣きわめく、痛すぎて抱っこもできず。

とにかく泣いてました。

しかしようやく子どももおっぱい卒業できて、ようやく母乳育児も終わりました。

二人目を産んだ時はまた胸が張るかとびくびくしてたのですが、全然張らずに快適な母乳生活でした。

一人目と二人目でこんなに違うのかとびっくりしました。

1人では解決できない母乳育児の悩み

産後育児をしてから人に優しくなれたというママは少なくありません。

それはなんででしょうか。

母乳育児を行うとどうしても一人では絶対にどうにかならないことが増えるからです。

 

その中でどこからか優しくアドバイスしたり、なんのリターンもないのに親身にしてくれる人がいるから。

これを気に私は誰かに生かされてるんだ。自分一人じゃないんだと自覚できるようです。

そんなきっかけの母乳育児。

 

こんかい二人のままさんもそんな素晴らしい経験をされた方々。

苦労は多いですが、こうやってアドバイスしているのは恩返しといってもいいでしょう。

 

1人で悩んで苦労した母乳育児

私は母乳があまり出なかったことと赤ちゃんがおっぱいから母乳を飲んでくれなかったことが悩みでした。

初めての出産で母乳が出たときは感動しましたが2日後には乳腺炎1歩手前の状況で熱を帯びた胸を一生懸命マッサージしていました。入院中は毎日カチコチになったおっぱいとの闘いでした。赤ちゃんもおっぱいが飲みずらいのかなかなか1回に飲む量が増えずミルクを足しながら様子を見ました。

最初の頃は母乳には免疫があるのでなるべく飲ませたいと思い寝る間も惜しんで搾乳していました。

看護師さんからの勧めで搾乳機を購入しました。電動もありましたが価格が手ごろな手動にしました。

使用期間が限られていたことと私は母乳の出る量が少なかったので手動で十分でした。

自宅に戻り届いていた搾乳機を使用すると今までカチコチだった胸が柔らかくなりました。

本心は直接母乳をあげたいと思っていましたが赤ちゃんの成長も気になったので、授乳後(少し乳首に口を付けますが5分程ですぐ離してしまいました)は哺乳瓶で搾乳した母乳をあげていました。

哺乳瓶だと飲みやすいようでごくごく飲んでくれていたことと私でなくても出来るので体も楽でした。

ただ搾乳している時間があるなら寝たいなと思うこともありました。

初めての育児と言うこともあって愛着形成は大丈夫なのだろうかと不安にもなりましたが全く問題ありませんでした。

産後は体も心も弱っているので身近な人や便利なものには頼ることは大切だと思います。

 

色々悩んだ母乳育児

なかなか母乳が出ずに、悩んだ。

最初は、乳首が切れて痛くてたまらなかったので、産婦人科で勧められた乳頭保護器を使用した。

使用すると痛み軽減できて、どうにかその切れて痛い時期を乗り切ることができた。

 

その後、自宅に帰ってからもなかなか出るようにはならなかったので、助産院の方に自宅に来ていただいて、おっぱいマッサージなどをしてもらった。

すると、少し出るようになったので、効果があった。

 

何より、色々と育児全般について相談できるのも大変心強くありがたかった。しかも、市の制度で安く利用できた。

ただ、その後も量が足りていなかった様子だったので、母乳の後にミルクを与えるようにしていた。

すると、今度は、母乳を飲むのを泣いて嫌がり、哺乳瓶のミルクしか飲まないようになった。

乳頭混乱という状態で混合育児では割とあることらしい。

赤ちゃんが、量が出にくいおっぱいより、たくさん簡単に飲みやすい哺乳瓶の方を好んでの反応だったようだ。

そこで、哺乳瓶を「母乳相談室」というものに試しに変えてみた。

市販されているのは見つけられず、ネットで購入。すると、これまでの市販の哺乳瓶の時と比べると、母乳も飲んでくれるようになった。

後、この飲むのを嫌がってぐずったときに、近くでスーパーの袋をカシャカシャと鳴らすと、不思議とスーッと落ち着いていた。お腹の中にいたときの音と近いためか。

 

母乳育児の痛い!体験。知っておいて損の無い話

出産したらちゃんと母乳は出るもの。

そう思うママさんは少なくありません。

しかしそれは幻想であり理想です。

 

幸せな気分を味わいながら母乳をあげるのイメージ。

実際は戦争といってもいいでしょう。

特に辛いのは痛み。

予想以上の力で吸われる乳首に激痛。

飲んでくれない母乳に詰まって乳腺炎。

 

あのキラキラしたほんわかイメージはなんだったんだ。

それだけシンドイ母乳育児。

今回は痛みにフォーカスした体験談を紹介します。

知っておけば覚悟は決まります。予防もできます。

 

乳腺炎という症状を知らなかったことを後悔

乳腺炎になってしまい、お乳が痛くて痛くて大変でした。

つまりすぎて切開しました。毎日毎日消毒しに病院に通い、詰まると熱が40度近く出て、お乳はカチカチになり、肩こりや頭痛でへとへとでした。痛いけど母乳出さないといけなくて何かに触れるだけで激痛でした。

 

乳腺炎というものを知らなくいのが失敗でした。

子供を産んで1週間くらいで熱がでました。そもそもこれが乳腺炎の始まりだったと思います。

この時にすぐ病院に行きお乳のマッサージ等をきちんと病院で受けていれば切開しなくて良かったと思います。

 

乳腺炎とは知らず、ただ初めての育児で疲れて熱を出しただけだと思いほっといてました。

私の産後1か月健診も初めての育児と疲れと熱で行かなかったのも失敗でした。

カチカチになってから病院に行ったのですぐ切開でした。

それから激痛の日々。

 

もっと早く母乳育児をしていると乳腺炎になる可能性があることさえ知っていればこんなにつらく大変な日々を過ごさなくて良かったのにと後悔しました。

 

乳首が痛い日々が続く

最初の頃はなかなか飲み慣れてないからなのか、すぐに疲れて寝てしまい2時間おきに母乳を与えるため、ねれなくて一苦労

乳首もすぐ切れてしまったりで、痛くなり病院から薬をもらってヨードチンキを塗りながら耐えて、飲みきれないためおっぱいが張り痛くて、ねれないため自分で絞ったり、搾乳機で絞ったりそれもだんだん痛くなってきて、おっぱいも形がだんだん張りがなくなってきてしまう

 

2時間くらいなると、乳首から母乳がちたちた、垂れてきてタオルで抑えないと、出かけることもできない

人前でも泣けば、すぐあげることはできるがなかなか恥ずかしくて母乳をあげられるところを探すのが大変でした。まさか人前ではあげられない

大きくなって、母乳をやめるときにも、悪戦苦闘でした。

なかなか離れてくれず、寝るときに必ず飲んでいたのでそれが癖のようになっていたので、あえてヨードチンキを塗り痛いふりをしたりしながら、やっと母乳をやめることができました。

ミルクで育児完母で育児二人のママのアドバイス

ミルクじゃダメとか母乳で育てないダメとかこちらではどうこういうつもりはありません。

母乳の出も人それぞれなのでライフスタイルに合わせるべきです。

自分がどうしたいのか

これが重要です。

 

どちらを選ぶにも苦労はあります。

ミルク育児、母乳育児どっちがいいか二人の体験談をまとめました。

これからの育児に参考にしてみてください。

 

ミルクも併用すると母乳育児初期は楽です

産院が粉ミルクokだったので、特に最初は困りませんでした。

退院してからも家族も母乳信者ではなかったので、粉ミルクも併用して与えていた時期もありました。

子供も母乳が終わった後は粉ミルクがもらえるものだと思っているようで、かなりよく飲み発育も良かったです。

しかし、だんだん子供が哺乳瓶を嫌がるようになり、様々な哺乳瓶を購入して粉ミルクを与えてみましたがダメで、結局泣く泣く母乳のみになりました。

粉ミルクなら夜中の授乳を代わってもらえたり、預けて外出もできるのに、とか思いました。

うちの子は10か月くらいになっても夜中の授乳や夜泣きがあったので本当に苦労しました。

朝まで寝てくれる子供の話を支援センター等で聞くとものすごく羨ましく、ちょっと妬ましかったです。

先輩ママたちには

「今は大変でもすぐ大きくなるし、今だけだよ」

とよく言われましたが、その当時は本当に辛かったのであまり話を聞いてなかった気がします。

本当にあっという間なんですけどね。

 

二人の子を完母で育てたママのアドバイス

2歳差で2人出産し、2人ともほぼ完母で育てました。

1人目の時の最初の1〜2ヶ月は、乳腺が開通していないせいなのか、とにかく授乳時に激痛が走り、毎回歯を食いしばりながら授乳していました。

涙が出るほど痛くて、毎回授乳の時間が怖くて辛かったのですが、可愛い我が子の為と思い、辛抱してあげていました。

しかし2ヶ月後くらいから、自然と痛みが落ち着いていき、その後は痛みがなくなったのです。

産院でも看護師さんや助産師さん達から驚かれるほど母乳の出がとても良かったので、乳腺が開通しきるまでの間は痛かったのだと思います。

2人目の時は、乳腺が開いているおかげで、最初から痛みもなく、スムーズに授乳できました。

私のように母乳の分泌が多すぎる場合は、初期に痛みを伴うかもしれません。

また、母乳の出が良すぎると、授乳間隔が空くとすぐに胸が張って痛くなったり、乳腺炎になりやすいので、気をつけなくてはいけないと思います。

体に疲れを溜めないように気をつけ、授乳間隔を空けすぎないこと、また食べ物に気をつけることで、乳腺炎予防になると思います。